東京で新たな生活をシェアハウス

あなたのシェアハウスのイメージはどのようなものですか?1人になりたいのに、常に誰かがいて心が休まる暇が無い。トイレの使い方が汚い。人間的におかしい人がいる。と言ったネガティブなイメージを持っている人も少なくありません。しかし現在のしっかり管理されているシェアハウスはそんなことが無いんです。部屋の鍵もしっかりとしており、あなたのプライベートを守ります。トイレやお風呂と言った水場も清掃業者が入りしっかりと掃除をするため、不快感も少なくストレスを溜めること無く過ごすことが出来るようになっています。さらに英語を学べたり、トレーニングジムが付いていたりと大型のシェアハウスになればより充実した生活を過ごすことが出来るのも特徴のひとつです。1人暮らしをする場合、必ず感じるのは1人でいることの寂しさです。しかしシェアハウスなら基本的には誰かがいるので寂しさを感じることが無く心に余裕が出来るでしょう。東京で1人暮らしが不安なら、まずはシェアハウスを試してみるのはいかがでしょうか?

新しいシェアハウスの形

あなたのイメージするシェアハウスとはどのようなものでしょうか?地方から東京に出てきた人間がそれぞれ狭い部屋で過ごし、慣れない人間同士の遠慮がちな交流。さらにルールを守らない同居人にストレスを溜めてしまい、最終的には部屋から出なくなる。そのイメージ自体が間違っているわけではありません、しかしそれはネガティブなイメージです。現在のシェアハウスは、とても効率の良い集合住宅の様なものです。あなたに学びたい事があるのなら、その分野の情報を共有できるかもしれません。また語学を学びたいと思っているあなたには特に東京でのシェアハウスはピッタリです。外国人も住めるシェアハウスの場合は、様々な国の人々が集います。国ごとの文化はかなり違うので、日本に居ながら留学のような経験ができるのもシェアハウスの魅力といえるでしょう。物騒な海外でのひとり暮らしを避けて語学の勉強や、それぞれの国の考え方を学んでみたいならシェアハウスをご利用ください。

暮らしやすい場所でシェアハウスを始めよう!

東京には様々な地域にシェアハウスが存在します。例えば蒲田。企業の寮や民家などをリノベーションして造られたシェアハウスが多いのが特徴です。部屋のコンセプトも多種多様で、お洒落な家具にこだわった部屋からレトロな雰囲気を感じさせる部屋まで色々な物件があります。選択肢が多い分、自身の好みに合わせてシェアハウスを選べるのは嬉しいですよね。また、地域そのものももかなり住みやすい場所です。駅周辺には商店街が広がっており、買い物する場所には最適。個人商店が多いので、お店の人はみんな気さくに話しかけてくれます。雰囲気もすごくいい商店街ですよ。若い人向けのお店やショッピングモールもあるため、様々な人のニーズに応えられるのも一つの特徴。また、東京都の中でも再開発事業が進められている地域なので、長く住むことで街の移り変わりも実感できるかもしれません。東京でシェアハウスを探すなら、蒲田エリアも候補に入れてみてはいかがでしょうか?

シェアハウスの実態は!?

シェアハウスを利用したいからといってどこの地域でも利用できるものではありません。大概の場合は、大規模な入居者数で運営されている物件ばかりです。最小でも20~25名の入居者で構成されていると考えても、一人当たりの占有面積が12㎡~15㎡ともなると、それだけで、400㎡近い広さが必要な建物となってしまいます。広さで例えるとコンビニエンスストアの売り場面積を3~4階建てにしたようなイメージになるでしょう。ですから、そこそこの物件面積が必要となるのです。マンションで例えてしまうと、40㎡ごとに10戸が入居できる広さなわけですから、この時点でシェアハウスといえど最低5万円以上の賃貸料を必要とします。そこから光熱費等諸々の費用が上乗せとなるわけですから、東京都内では最低でも6万円以上してしまって当然なのです。基本的に一人暮らしをする視点から考えると、共有面積の費用が抑えられるだけで、根本的なメリットは余りなく、むしろシェアハウスを利用することでのリスクが懸念されるでしょう。