予算だけじゃないからこそ

予算的なことを踏まえて東京のシェアハウスに住み始めてみたんですけど、予算に対してのコストパフォーマンスがここまで高いとは思っていませんでした。共同生活だからと言われればそれまでですけど、それを差し引いだとしてもシェアハウスでの生活がここまで快適なものだとは思っていませんでした。共同部分もありますけど、自分の部屋もあるので、常に他人と顔を合わせていなければならないってことはないんです。自分一人になりたい時には自分の部屋にいればよいんですし、誰かと話したいなって思った時には共有部分で何となくたたずんで。そうすると、誰かがいるし、誰かが来るので話を楽しめたりするんですよね。メリハリのあるコミュニケーションって点ではシェアハウスは現代社会における理想そのものと言っても決して言い過ぎではないんじゃないかなって思うレベルなんですよ。だから今ではシェアハウスでの生活に対して、何一つ不満がないくらい満喫出来ています。