生活に違う目的が出来た

それまで自分でもいわゆる社畜生活を強いられているなってことくらいは良く分かっていたんです。でも、他に何もやることもないし、そもそも仕事の生き返りは満員電車に揺られて。そんな生活で楽しいって思えるわけがないじゃないですか。それで心機一転ってことでシェアハウスで済むようにしたんです。東京のとあるシェアハウスにしたんですよ。まず、出勤時間が短くなりました。だからストレスそのものが根本的に気になくなりましたよね。それに、どこかに行かないとしてもシァアハウスの友人も出来たので、軽く話すだけでもそれはそれで楽しいんですよね。それまでは家に帰っても誰もしゃべり相手もいないので、結局そのまま市西が終わるしかありませんでしたけど、今ではそれもなく、自分でも楽しいなって思えるんです。だからシェアハウスはお金とか共有によるコストパフォーマンスとかじゃなくて、毎日のルーティン生活そのものを打破してくれたかなって思います